雨のち晴れ

思った事をノンジャンルで綴ります

MENU

SEOキーワードを選ぶときに必須のツール3選!初心者から使える便利ツール!

<img src=”drink.jpg” alt=”SEOのためのキーワード選定”>

SEOを追求しているみなさん、こんにちは

今回は「初心者から使える!SEOキーワード選びに最適なツール3選」についてご紹介していこうと思います!

SEOって何?という人はこの記事をどうぞ。

さて、ブロガーのみなさんは記事を書く前に

このキーワードで読まれるかな?

よく検索されているキーワードって何だろう?

と悩むことありませんか?

私の場合は雑記ブログなので、記事ネタは何でもいいのでそれほど困りませんが、逆に出す時期を間違えたり、記事内容が古かったりすることがあります。

実際、時期によってトレンドも変化していくため、想像で人気のキーワードを探すのは至難のわざです。

しかし、今回の記事を読み終わるころには、

今乗ってるキーワード
良く検索されるキーワード
ライバルの少ないキーワード

が簡単にわかるようになることでしょう。

きっとあなたのためになるので、ぜひ最後まで読んでいってくださいね

それではさっそく見ていきましょう!

キーワードプランナー

<img src=”drink.jpg” alt=”キーワードプランナー”>

まずご紹介していくのは、大人気ツールの「キーワードプランナー」です。

人気のキーワードを探すには持ってこいの、SEO必須ツールとなっています。「キーワードプランナー」とはGoogle広告で企業や個人が広告を出すときに、キーワード候補やキーワードの検索数やボリューム、競合の強さ、広告単価などが調査できるGoogleの無料ツールのことです。

例えば、「アクセスアップ」で検索するとそのキーワードでどのぐらいの人が検索しているのか数字で教えてくれます。それを基に読者がどのような記事を希望しているのかを知ることができます。

基本は無料で使用できますが、Google広告を出稿することでより正確な数字を把握することも可能です!

ただし、無料で利用する場合には大雑把な数字しか表示されません。それでも、キーワードを選定するのには十分な機能です。

そんな、キーワードプランナーはこちらから使用できます⇓

https://adwords.google.com/intl/ja_jp/home/tools/keyword-planner/

 

メリット
グーグルが運営するサイトのため安心
・広告の出稿で正確性アップ
・広告を出稿しなくても利用可能

デメリット
・派生語が表示されにくい

グーグルが運営しているだけあって安心安全は保障されているキーワードプランナー。

私も記事を書くときに、使うこともあります。すごく便利なツールなので、是非ご利用ください。

ただ、最近は派生語が表示されにくくなるというデメリットも目立ってきています。

初めは良いですが、慣れてくると「もっと派生語をしりたいな」という願望も出てくるはずです。

そこで、以下のようなサジェストツールも併用することをオススメします

さっそく見てみましょう!

good keyword

good keyword」はキーワードプランナーと合わせて使うのに最適のツールです。

お互いに足りない機能を補い合っているため、非常に使い勝手も良いですよ。

キーワードを入力すると、それに関連する別のキーワードを調べることができます。

例えば、「アクセスアップ」と入力するとそれに関連した「アクセスアップツール」や「アクセスアップ ブログ」、「アクセスアップ 方法」など、「アクセスアップ」と入力すると約50もの関連ワードが表示されます。

記事を書くときにもう1つ何かほしいときにはおすすめのツールですね。

そんなgood keywordはこちらからチェック⇓

https://goodkeyword.net

メリット
関連キーワードが良くわかる
・グーグルのみならず、アマゾンや楽天の検索結果も表示
・無料

デメリット
・キーワードの人気度はわからない

グーグル以外の楽天やアマゾンの検索結果もわかってしまうほどの最強ツールです。

通販サイトの検索結果は人気の商品の把握に役立つので、アフィリエイターさんにもおすすめですよ

Keyword Tool

余裕があれば使っておきたいのが、この「Keyword Tool」です。

海外のツールですが、しっかり日本語対応されています。

さまざまなキーワードの絞り込み機能や並べ替えができるため、便利にキーワードを選びたい方向けのツールとなっています。

こちらも検索をかければ、入力したキーワードに関連したものが一覧として表示されます。ただし、検索数などの詳細を表示させるには有料登録が必要になってきます。

Keyword Toolはこちらからチェック⇓

https://keywordtool.io/google

メリット
検索ボリュームの数値が表示
・日本語対応
・絞り込み、並べ替え機能が便利
・無料で関連キーワードを知ることができる

デメリット
・有料
・海外ツールなので慣れが必要

機能が多く、操作はシンプルなツールです。

海外のツールと聞くと身構える方も多いですが、意外と気楽に使えるのも良いところです。

しかし、前に紹介した2つと違い基本的には有料のツールであるので、必要に応じて導入するようにしましょう。

まとめ

<img src=”drink.jpg” alt=”SEOまとめ”>

お疲れさまでした。

今回は「初心者から使える!SEOキーワード選びに最適なツール3選」についてお話してきました。

どのツールにもそれぞれ得意とする分野があるので、うまく使い分けをできるように頑張ってみてください。

それでは、改めてまとめていこうと思います。

今回ご紹介したのは、

キーワードプランナー(キーワード候補を探す)

good keyword(関連ワードを探す)

Keyword Tool(キーワードを探す補助ツール)

 の3種類です。

もちろん全部使えるのが1番なのですが、いきなり一気に導入するのは大変という方や初心者のかたは、とりあえず「キーワードプランナー」だけマスターしましょう!

記事を書く前に検索ボリュームを調べるという習慣が身につくと、作業効率が一気にあがります。

慣れれば「キーワードプランナー」+「good keyword」で、アクセスアップが図れると思います。

是非、本記事を参考にしてキーワードツールを導入してみてください!

ご精読ありがとうございました。