Web
Analytics

雨のち晴れ

思った事をノンジャンルで綴ります

雨のち晴れ

MENU

新総理は誰に?スガノミクスに変わるのでしょうか?

はてなブログ以外の方も

新総理は誰になるのでしょうか?

自民党の総裁選の立候補者として、3名の方が名乗りを上げていますね。

どなたが新総理になるのでしょうか。

私は、そこまで政治に詳しいわけではなく、興味も薄いので、普段はあまり政治のニュースを見ないのですが、安倍総理に代わる新しい内閣総理大臣が誰になるかについては少し興味も沸いてきます。

最近はテレビで各候補者が会見を開いていますが、菅官房長官が「安倍総理の政治を継続させる」方向で話をされていました。安倍総理の代表的な政策としてはアベノミクスが挙げられると思いますが、菅官房長官が新総理に就任すれば、このアベノミクスも継続されていくのでしょうか?

ところで、みなさんはアベノミクスって説明できますか?

私は、アベノミクスって何?と質問されると、恥ずかしながらきちんと答えられません。

今回は新総理誕生で、アベノミクスが引き継がれる可能性もありますので、再確認という意味で調べてみました。

アベノミクスの語源

アベノミクスについて解説します

アベノミクスのアベは、もちろん安倍総理のアベという文字です。

このアベに、経済学を意味するエコノミクスが合わさってできた造語がアベノミクスになります。

このアベノミクスには個別の政策が存在し、それぞれを3つに分類して説明しています。この3つに分けたものがアベノミクス3本の矢として示されています。

アベノミクス3本の矢

3本の矢について解説します

アベノミクスの政策には大きく分けて、金融政策、財政政策、成長戦略の3つがあります。それぞれが第一の矢第二の矢第三の矢として提示されています。

まず、第一の矢として挙げられているのは、金融政策になります。

2%のインフレ目標や円高の是正など、長期的なデフレに陥っている経済を復活させるための対策になります。

次に、第二の矢として挙げられているのは、財政政策です。第一の矢と大きく関連している部分もありますが、主に公共事業への投資を掲げています。

そして、第三の矢とは、民間投資を中心とした成長戦略になります。若者世代の育成や、女性が管理職につく割合を高めるなどが挙げられます。

第三の矢に関しては、内閣でも大臣に女性を起用したり、一般企業でも女性が管理職になる割合が高くなったりしていますので、目に見えて分かりやすいと思います。

しかし、私の意見ですが、第一の矢、第二の矢に関しては、中小企業の方に直接的に効果があったとは言えない部分もあるのではないでしょうか。

さらに、安部総理は2020年に新たな3本の矢を目標として掲げていました。

新たな3本の矢は、希望を生み出す強い経済、夢を紡ぐ子育て支援、安心につながる社会保障の3つになります。

しかし、新型コロナウイルスの影響と総理の体調不良により、とん挫してしまう形となってしまいました。

これらの3本の矢も新しい総理大臣にしっかり引き継いでいってほしいですね。

さいごに

さいごに

新総理誕生間近ということで、アベノミクスの3本の矢について簡単にまとめてみました。

もし、菅官房長官が新総理になって、これらを引き継ぐとなればスガノミクスと呼ばれるのでしょうか。あるいはイシノミクス?キシノミクス?

アベノミクスは結構インパクトのある呼び名でしたので、その呼び名に負けない結果を新総理にはお願いしたいですね。

ちなみに、3本の矢は折れないとありますが、名前は忘れてしまいましたが、昔見たことのあるアニメで3本の矢でも方向がバラバラの向きを向いていれば簡単に折れるというものを見たことがあります。

3本のベクトルが同じ方向を向いて、落ち込んでいる日本の景気を復活させてほしいと思います。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。